読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか記憶からこぼれおちるとしても

ジャニオタ入学から卒業までの記録

2014年7月23日 新しい可能性とは?@Sexy Zone Summer Concert

前編↓

短いMCでは3人から、夏休み中にイベントやりたいね、ていうかやるよ!みたいな告知をされた。2部で。1部では言ってなかったけどさっき決まったのかな?もう7月も下旬だけど来月なんかやるの??すごい急だけど…と思った。勝利くんが好きでも3人のイベントは素直に行きたいと思えないなかった(どうせ行くけど)
健人くんが「僕たちは嘘をつきません、約束はちゃんと守ります。」と言ってくれたけど、実際には何もなく夏が終わり、この約束は破られることになった。
MC中に「今度発売の新曲は3人で…」とか言うと会場がざわざわした。みんな不安で、楽しいはずのコンサートなのに緊迫した雰囲気だった。

3部の最後には健人くんが
「みなさまにご報告があります!」
と言って
私たちファン一同は
まだ何か悪いことが…!?
と死を覚悟した。
冷え切った会場が凍りついた瞬間だった。
が、
さいたまスーパーアリーナで1日の観客動員数75000人!最多記録を更新しました〜!!」
と言われ安心…笑

3部だけ5人で肩を組んで「うぃー、あー?」「せく、しー、ぞーん!」をした(´;ω;`)♡

風磨くんは去り際に
「これから大変なこと、辛いこと、苦しいこと、悲しいことがあっても今日という日のことを絶対に忘れるな!
どんな時でも、お前らの中で、俺たちはBGMであり続けるから」
みたいなことを言っててちょっと「?」だった。
できれば忘れたい思い出だよ…ごめんね…

私の好きな勝利くんはというと、かっこよかった(´;ω;`)←
この日の勝利くんはあまり笑顔が見られなかったけど、それが逆にかっこよかった。
3公演通して真剣な表情が多く見られ、いつもより大人に見えた。こんな大人っぽかったっけ…?と思ってあいちゃんに「勝利くんすごくかっこよくなかった?」と聞くと「うん…あれはだね」と言われた…やっぱりそうだよね…あぁ…終わった…とか思った。笑
去年よりだいぶファン増えてる感じするしリア恋枠が掴めてるんだろうな…かっこいいもん…と絶望した…

それはさておき、今できることを一生懸命やってくれてるんだろうな、と思った。
しゃべれなくても、今できる限りの精一杯、ファンのためにがんばってるのはわかった。
大好きなSexy Zoneをめちゃくちゃにされた・終わった、と私は勝手に思ったけど、勝利くん達は全然そんな風に思っていなくて、これからの未来を信じてがんばっていた。
でも私はそれも「Sexy Zoneは事務所に騙されてる」と思った。事務所の意向とSexy Zoneが言ってることが違うなと思ったから。
私はSexy Zoneのことを絶対売れるグループだって信じてるのに、事務所はそうは思ってないんじゃないかと思えた。
3人は何も悪くないのにこの売り方は反対が強く、矢面に立つのは当然3人だったことも私は悲しかった。
新しい可能性のために3人体制になったはずなのに、明るい未来につながる新しい可能性が、私には見えなかった。

このコンサートが終わったあと、大好きなSexy Zoneが堂々と大好きと言えなくてつらい、応援しても未来が見えない、事務所の思うツボにはまりたくない…そんな気持ちがぐるぐるし、Sexy Zoneや勝利くんのことが好きかどうかよくわからなくなった。Sexy Zoneの未来を、諦めたくないけど諦めるしかない、そんな心境だった。

それは私だけではなく、この新体制騒動によってSexy Zoneの担当を降りた人・ジャニオタを辞めた人は続出した。

これまで一緒にSexy Zoneを応援してきたあいちゃんもその内の1人であり、あいちゃんにとってはこのコンサートがSexy Zone最後のコンサートとなった。

私なんかよりずっと前からSexy Zoneが好きで支えてきた人たちが、自分の都合ではなく事務所のやり方と合わないために去っていくのはとても悲しかった。