いつか記憶からこぼれおちるとしても

ジャニオタ入学から卒業までの記録

大人になった勝利くんへ

こんにちは。ご無沙汰しております。
更新が止まった9月から現在までの間で、勝利くんのお父様が亡くなり、勝利くんは20歳になり、私は結婚し、勝利担を名乗るのをやめました。
勝利くんの二十歳のお誕生日で卒業しようと前から決めてました。雑誌もテレビも追えてなくてこのレベルでは担当名乗れないと思うから。でも勝利くんのことはこれからもずっと好きだと思うし、ジャニアイにも行きました。

先日は成人式でしたね!勝利くん、成人おめでとうございます。
20年のうちの4年間だけだけど、勝利くんをずっと見てきた。こんな素敵な大人になってくれて、ありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。
勝利くんが生まれてきてくれて、アイドルになってくれて、私が応援できたこと、とっても幸せに思ってます。
勝利くんを好きになって、「好きにならなければよかった」って思わないように、もしジャニオタを辞める時がきても「楽しかった〜!」って思えるように、楽しく精一杯応援しようとは思ってたけど、勝利くんはいつでも私たちを裏切ることなく「勝利くんを好きになってよかった」「勝利くんを信じてよかった」と思わせてくれました。
勝利くんのまっすぐな一生懸命さや、育ちの良さを見ていると、あたたかい家庭で愛されて育ったんだなーって、言われなくてもわかります。

勝利くんは4人兄弟の末っ子だけど、お父様は初めての立ち会い出産で、勝利くんが生まれたとき「勝利した!!」って思った。
勝利くんの名前の由来は、「勝利しますように」ではなく、勝利くんが、この世界に生きているということ自体が、それだけで勝利だという意味だと思う。誰に勝ったというわけでなく、勝利くんが生まれてきて、生きている、それだけで最高にうれしい!
お父様はそんな気持ちで「勝利」って名前をつけたのだと思う。
勝利くんは、他人ではなく常に昨日の自分に勝とうとがんばっているように見える。そしてそれは、勝利って名前だからこそがんばろうと思えるんじゃないかな、勝利って名前だからがんばれるって言ってたから
他人ではなく自分と戦ってるから、だから、調子に乗ったりせず、いつでも人に優しくいられるのかなと思う。
そんな勝利くんのことを、本当に素敵な人だなと思う。
きれいなまま大人になるのは難しい。でも、ずっとこのまま強く正しい勝利くんのままでいてほしい。

9月に亡くなったお父様は、二十歳の勝利くんを見られなかったかもしれないけど、今の勝利くんがこんなに立派なのは、ご両親のおかげだと思う。
勝利くんを産んでくれて、アイドルにしてくれて、成人まで育てあげたこと、私が勝利くんに出会えて、応援できたことを、お父様・お母様に心から感謝したい。
勝利くんが、勝利くんらしくいられること、このまままっすぐに進んでくれることがご両親の願いだと思うし、生きる限りかならず幸せになってほしい。

ジャニアイは…今までのジャニワもそうだけど、過去の悲劇があるからこそ今が幸せだと思える。ということが毎回伝えられるけど、大切な人を失うことで、本気でそう思える。
だから平野くんのお母様のことや、勝利くんのお父様のことを告白したのかなと思う。

私たちが今生きていること、毎日ごはんが食べられること、好きな人と自由に結婚できること、当たり前だと思っていることのどれもが、歴史的・世界的に見れば当たり前ではない。でもそれを思いながら生活するのは難しい。
自分の今の生活がどれほど幸せなことか、実感しながら生きている人はどれくらいいるのかな

大切な人を失った時、気持ちは人それぞれだと思うけど、私は友達が19歳で亡くなった時「友達が伝えたかったことを私が代わってみんなに伝えられるようになろう」とか「人と会える時は楽しく過ごそう、いつでも今日が最後かもしれないと思って沢山ありがとう・大好きだよって伝えよう」とか「次に会えた時恥ずかしくないように生きよう」とか思った。5年経った今もそう思ってるし、友達が亡くなった悲しみは消えない。でも、そう前向きに生きようと思えるようになったことは、良いことだと思う。
そこで私も死にたい…と思ったりしたら亡くなった人も悲しむと思うし、負けだと思う。そう思ってしまうこともあるかもしれないけど…
だから、勝利くんなら大丈夫だと思うけど、絶対に負けないで、勝利し続けてほしい。

勝利くんなら、世界中の人を幸せにできると思う。
勝利くんの想いを伝えるためにも、帝劇のセンターに立ち続けてほしい。
でも、アイドルの枠に縛られず、自由でいてほしいと思う。
勝利くんのやりたいことをやって、行きたいところに行ってほしい。
勝利くんが望むなら、結婚して家庭を築いても良いと思う。勝利くんなら素敵なパパになれると思うから。
私は勝利くんが進む道を信じる。

勝利くんが、ずっとずっと幸せでいられますように。

2014年9月9日 フルーティオSexy Zoneボトルガム発売

7月のさいたまスーパーアリーナで、
夏休みにまた会えるようにイベントをやります!約束します!僕たちは嘘はつきません!!
と、3人が言っていたのに、何のイベントもないまま夏が終わった。
また裏切られた…という気分になったが、もはや事務所には何の期待もしていなかったので落ち込まずにすんだ。

ポニキャに問い合わせた人が「Sexy Zoneは今後も3人で活動します」って言われた…と言っていたりして、先は見えなかった。
もしかしたらこの時点では本当に今後もずっと3人で活動することになっていたのかもしれない。
実際3人は男ネバギバの発表会で「今回だけだから!!」と言っていたのになかなか戻らなかったし…

しかし、そんな闇を分かっていながらも好きなのをやめるわけにはいかないセク鬱状態のセクガルには、ひとつだけ希望があった。
フジテレビTWOで放送していたSexy Zone channelである。
セクゾンのそのままの魅力をまるごと伝えてくれる素晴らしい番組です*\(^o^)/*
この番組だけは3人体制になってからも5人で出演していて、セクガルにとってオアシスでありパライソだった。

3人体制について抗議の電話をかけ、その内容をYouTubeにupしていた杉田よし子さんという方もセクチャンに対してはお礼の電話をかけていた。
ちなみに、その杉田よし子さんが作詞し歌ったKQJの替え歌がとても素敵なのでぜひ聞いてください*\(^o^)/*笑

それはさておき、そんな中でセクチャンオリジナルグッズを作ることになり、ロッテと組んでフルーティオのsexyzoneオリジナルボトルガムを発売することになった!!
こんな闇の中で5人のグッズが販売してもらえるなんて(´;ω;`)♡♡♡(よく事務所が許してくれたな!!と誰もが思った)
これは世間にSexy Zoneは5人だと再認識してもらうチャンス!!
そして売上を作って5人のSexy Zoneはお金になると事務所に伝えるチャンス!!

待ちに待った9月9日、仕事に行く前にコンビニをはしごし、4つのボトルガムを手に入れた!
ツイッターのTLでは、早くも売り切れになっていて手に入らないって言ってる人や、事前に取り置きをお願いしていて箱ごと買った人など、いろんなひとがいた。
でもみんなとっても楽しそうだったし、私も気持ちよくお金を払えることがとても嬉しかった。
この後にも見つけるたびに買って、いろんな人に配った。
そんなことをしていたら、職場で「Sexy Zoneを応援するひにょちゃんを応援する会」というものまで発足された(笑)

そんな楽しさもつかの間、9月19日には風磨くんの新しい髪型が披露され、それがひじきやワカメを彷彿させるような、磯の香りを感じるヘアスタイルだったので、ファン一同落ち込んだ…笑

髪型もだけど好き勝手する風磨くんと対象的におりこうに健人くんに付いていこうとする勝利くんの株があがる一方だった*\(^o^)/*
後にTHE夜会に出演したときに風磨くんが「自分のキャラをどうしたらよいかわからなかった」みたいに言ってたと思うけど、それってこの3人体制のときのことじゃないかな〜と思う。
悩んでたのは風磨くんだけじゃないし、この3人体制は、5人それぞれにとって試練となった時間だったと思う。

私は勝利くんに楽しく働いてほしいと思っていたし、逆境だからこそ、この試練を乗り越えたSexy Zoneが見たいと思った。このまま諦めるわけにはいかなかった。

2014年8月5.6日 Sexy Zone3人だけのコンサートのこと

7/29のソロコンサートで「勝利くんを信じる!」と決めたものの、体制への不信感は変わらなかった。
7/31のラジオでは、風磨くんが「全員がメインができるようなグループになりたい」って言ってた。気がする。確認してなくて申し訳ない。笑
そして勝利くんは「いろいろあった」と何回も言っていた。
嵐みたいに、全員が個性を活かして主役になれるようなグループに…なってほしいとは思うけど、それがこのやり方であってるの?というのが疑問だった。
それでもラジオで、ちゃんと言ってくれたことが嬉しかった。ファンの不安がちゃんと伝わってるよって言ってくれただけでもありがたかった。
体制が変わることになって、メンバーも「どうなるのかな…」って思ったと思うけど、ファンに「え〜!!」って言われたことの方がショックだったと思う。でも諦めずに「わかる、でも信じてほしい」って伝えようとしてくれたことが嬉しかった。ソロコンではそれがちゃんと伝わってきたから、私は勝利くんを信じようと思った。

勝利くんのことは信じるけど、3人のSexy Zoneはやっぱり微妙だった。テレビに出るのを見るたび違和感を覚えた。演出が微妙なのか曲が微妙なのか、キラキラして見えない。仕事感はんぱない。

8/5.6にワールド記念ホールで行われた3人のコンサートには、行かなかった。
Twitterに流れてきたレポートによると、風磨くんがファンに向けて一生懸命語りかけたらしい。それが、その場にいたひとには風磨くんの気持ちが伝わったらしいけど、その場におらずレポートだけ読んだ人には物議を醸す言葉だった。
「松島とマリウス元気ですよ。これで満足ですか?色んな声が殺到するんで。
5人が3人と2人でそれぞれの場所で頑張って新たな可能性をみたいなこと俺言ったじゃないですか?
そしたら可能性可能性って可能性に逃げてません?ってファンの子に言われた。マジ悔しい。
俺のプランでは5人誰がセンターになってもいいように。これは立派なプランだから。文句があるなら一人一人面と向かって俺に言ってこい。」

それ、選ばれし3人側からそんなこという??面と向かって言えるなら言うけど、風磨くんをそんな風に言いくるめた運営に言いたい!!
というのがだいたいのファンの意見だった。

私は勝利くんがソロコンで「ひとりでもSexy Zone」ということを体現して見せてくれたから風磨くんの言うことは分からないでもなかったけど、現場に行けてないほとんどの人が3人側の気持ちが理解できず不安だったと思う。
個人的には、風磨くんだけが勝利くんのソロコンに来られなかったし、3人になると健人くんのイケメン感と勝利くんの美少年感が際立ってしまって、健人くんに捨てられるんじゃないかと不安なのかな…と勝手に思ってた。めっちゃ失礼。ごめん。でもこの後風磨くんと健人くんはweb上で喧嘩(だったのか??)をした。
風磨くんが、たまアリで唯一5人で歌ったKQJにひとりだけ遅れてステージに行ったこと(走ってもくれなかった…)、Sexy Zone界隈がピリピリしてる中でドラマで共演してる女の子とベタベタしてる画像が流出したこと、仕事に対してとても真面目な健人くんが怒るのも当然じゃないかと思えた。
Sexy Zoneがばらばらなら、ファンもばらばらだった。
ばらばらと、それぞれ路頭に迷ったファンたちの中には、ここでセクガルを辞めたひとも多かった。もちろんこの後に、ここから続くセク鬱に耐えられず辞めていったひともいる。
ジャニオタになって1番楽しいと思ったことは、友達ともっと仲良くなれたり新しい友達ができたりしたことだったけど、一緒に応援してきたあいちゃんもどんどん冷めていった。

私は、他のメンバーや他のファンのことはさておき、勝利くんを信じる。それしかできなかった。
それでも前に進まなきゃ。勝利くんの進む道を信じるしかなかった。

2014年8月11日 【追加公演】佐藤勝利ソロコンサート

健人くんがジャニーさんにお願いして急遽決まった追加公演は、ガムシャラ夏祭りが終了した翌日の8/11に行われた。
その日は12:00から仕事。行けない。でも1部の開演は10:00…途中までなら見れるかな(>_<)と、行くことは決意。
そして先輩に「休憩なしで良いので13:00出勤にしてもらえませんか?」と無理なお願いをした。
心優しい先輩は、店長には絶対内緒で、と許してくれた(´;ω;`)感謝(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
EXシアターのある六本木と職場のある銀座はわりと近いので助かりました(´;ω;`)♡

10:00からのコンサートは7/23のさいたまスーパーアリーナぶりでした。3週間ぶり。笑
勝利くんは前しか見ないから花道先端で見たいなぁって思ってたけど、奇跡的に花道先端2列目がとれた(´;ω;`)♡♡
1列目の人と人の間から見えたので超視界良好!ど真ん中でした。

しかも、前回は人に圧迫されて死ぬかと思ったけど今回は朝だからなのか、花道あるからすぐ後ろが段差(柵がある)であんまり後ろに人がいなかったからなのか、まったく押されず平和!笑

勝利くんってまっすぐ前だけ見て歌うから、私に歌ってくれてるかのように錯覚してしまった…
こんな近くで、ステージに立つ勝利さんが見られて、しあわせでした。・゜・(ノД`)・゜・。♡♡♡
「勝利くんのツメだ…」「勝利くん汗かいてる…」と細かいところまで凝視してしまいました。

最初のほうのかっこいいメドレーはもうほんと、絶対目が合ってる!!って思った!(勘違い)
だって私が笑ってたら勝利さんも楽しそうにしてくれたもんーー(妄想)
かっこいい曲だったけど、終わった瞬間にっこり笑っちゃったしょりたんきゃわぁぁ

作詞曲メドレーと新曲は特に気持ち込めて歌ってくれたんだけど、それもまっすぐ歌うから私のために歌ってくれてるのかとおm
僕は君のすべてになりたいとか死んだ。

とにかく幸せな時間でした!
やっぱり初公演のインパクトには欠けるけど勝利くんは最高にSexyだった。


この夏のソロコンサートで、
勝利くんは一生、アイドルとして生きていくつもりなんだ。
というのがよく伝わってきた。
それと同時に、私はどうするんだろう…と思った。
常に走り続けている勝利くんをずっと見ていたいけど、30歳になっても、50歳になってもずっと変わらず好きでいられるだろうか。私はいつか離れることになるかもしれない。

先のことはわからない。
でも今この瞬間に全力をかけている勝利くんを見て、私も、「好きじゃなくなったとしても、好きな今、全力で応援しよう」と決めた。

「一生、一生愛するから!」「ずっとずっと支えてください」と言う勝利くんが、そんなこと言わなくても良いくらい自信が持てるようになるまでは好きでいよう。そのあとはわからないけど…こんな素敵な勝利くんなのだから、私や、古いファンが好きじゃなくなったとしても次から次へとファンを掴んでいけるだろうと確信した。

勝利くんがソロコンサートを全力でがんばれたのは「みんなに笑顔になってほしい」という気持ちからだったと思う。(そうであってほしい。笑)
あまり本音を見せない勝利くんの本当の強さ、優しさ、暖かさがとても伝わってくるコンサートだった。
そして、こんなにがんばっている勝利くんに対して、恥ずかしくないように生きないといけないのではないかと思えた。
勝利くんをみて、自分もがんばろう!と思って、前向きに働いて、私が楽しく過ごせること(によって社会もまわる)ことが大事じゃないのかなと改めて思った。アイドルって本来そういうものだよね。恋愛もそうだと思うけど。ちょっと何言ってるかわかんなかったらすみません

勝利くんの想いがみんなに届きますように。
勝利くんの実力がみんなに見てもらえますように。
ありがとう勝利くん…と、メンヘラチックなことを思いながらEXシアターを後にした。

2014年7月29日 佐藤勝利ソロコンサート

私はこの日を最後にSexy Zoneを諦めるつもりでいた。
とはいえこんな良いグループなのにこの先が見れないなんて…と未練ありまくりだったので、何でもかんでも考えずに全部のグッズや写真を買ったり、遠征したり、全力で応援するのはやめよう。と思った。ファンを名乗らずちら見程度でこっそりと…笑

しかし、勝利くんのソロコンサートに行って、そんな風に思ったことを後悔した。

予想を遥かに超える、すごいライブだった。
EXシアターはライブハウス式のスタンディングの劇場で、キャパはぎゅうぎゅう詰めで2000人くらいである。1日だけ、2公演しかない。
DVDに焼かれることはないし、絶対目に焼き付けておこうと思って見た。この瞬間は今しかないと思って。
全員がそんな風に思っていたのか、会場の一体感が凄まじかった。全員がバラバラの方向を向いてそれぞれ楽しむのがジャニーズのコンサートだと思っていたので、ジャニーズのコンサートだとは思えないぐらい、(もちろんJr.担当も多かったものの)全員が勝利くんを求めて、とても熱いライブになった。

勝利くんは、このとき初めて発表した曲Black/Whiteの音楽と共に、黒いハットを深く被りピンクのジャケットに白い手袋をして、マイケルジャクソンのような恰好で、マイケルジャクソンのようなステップで登場した。
Sexy Zoneはマイケルジャクソンのセクシーさと魅力で新しい時代を創っていくグループである。Sexy Zoneの原点を、今現在の勝利くんが表現し、そのあまりのかっこよさに震えた。最高にセクシーだった。

最初から最後まで、勝利くんの一生懸命さ、楽しさ、優しさがよく伝わってきて、勝利くんとこんな幸せな時間を過ごせて、とてもしあわせだ…と天にも昇る思いだった。

演出も、セトリも、一生懸命考えたんだな、というのが伝わってきた。全部が最高に良かった。
後半ではSexy Zoneの曲をたくさんやってくれて、ソロコンだったけど、Sexy Zone佐藤勝利だと思った。
ひとりでもSexy Zoneだし、3人でも、5人でもSexy Zoneなんだと思えた。人数は表面的なことであり、Sexy Zoneが表現したいことの本質は変わらないものだった。

さいたまでは勝利くんがどういう気持ちなのかわからなかったし、あんまり楽しそうじゃないように見えたけど、ソロコンは本当に楽しそうだった。
勝利くんの楽しそうな、満足そうな笑顔が見られてなによりも幸せだと思った。(重い)

すっごく緊張してたけど、最後まで笑顔でやりきった。出る方も観る方も、本当にみんなが楽しいコンサートになった。
ただお客さんみんなが少しでも勝利くんをよく見ようと熱すぎて365°人と密着してる状態であり、1部では腰を痛め、2部では溺れかけて若干死ぬかと思った(笑)勝利くんやJr.も「大丈夫?みんな一歩ずつ下がって!怪我しないように!」って何回も言ってくれた。
アイコンの画像が1部の画像だけど、隙間などありません。笑
かばんに一応うちわが入ってたけど文字が一部破損しました。笑

でもそんなことはどうでも良いくらい、この公演に入れたことが幸せだった。

ほんとにほんとに良いライブだった!

みんなが勝利担だからファンサがなかったのも良かった。
ファンサもらうために良席積んで、うちわ4連とか作って、そういうのじゃないのがよかった!!
うちわなんて持てる状況じゃなかったけど 笑

2階席(着席)みたらジュニアのうちわばっかりで少し心配したけど、アンコールは自然と「勝利!勝利!」になった。
今日の公演がすごく良かったこと、勝利くんのことが大好きだということが伝わるように、私も大声で勝利くんの名前を呼んだ。
勝利くんがすごく喜んでくれてうれしかった(´;ω;`)

そして2部のアンコールではなんと健人さんが登場!
「健人がきてくれました!」と登場した健人くんに、テンションがメーター振り切った!!笑
そして、そうちゃん、マリちゃんも来てくれた(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
嬉しすぎて泣いた(笑)
レポート読み漁った結果、私だけじゃなくてみんな泣いてたらしい。笑

風磨くんはGTOの撮影があってこれなかったけど、セクシーゾーンは5人だよって、口では言えないけど伝えようとしてくれてうれしかったよおおお。・゜・(ノД`)・゜・。(メンヘラ)

言える範囲で「明日からの公演はうちのメンバー(そうマリ)が出るからー」とか「メンバーっていいね」とか言ってくれたのもうれしかった。

公演中には何回も「ここにいる六本木の皆を、一生離さないから…‼︎!‼︎」とか「一生!一生愛すから!!」とか「これからもずっとずっと支えてください」とか言ってくれた勝利くん。勝利くんのアイドルとして生きていく覚悟を感じた。
私たちのためにこんなにがんばってくれる勝利くんを見たら信じないわけにはいかない。
勝利くんがそう思ってくれてるなら大丈夫、信じてついていく!と決心した。

本当に本当に楽しくて、幸せで、
ジャニオタになって、勝利くんを好きになって良かったと心から思った。今日まで生きてて良かったとすら思った。
今日が最後だなんて思ってごめんね、ありがとうね勝利くん(´;ω;`)♡とメンヘラ絶好調だった。

こんなに良いコンサートなのに今日だけで終わりだなんて…って思ったら、なんと急遽追加公演決定!
健人くんがジャニーさんに頼んでくれた!KINGとデカデカと書かれた帽子を被った健人くんさすが!!健人様!!!
セットの解体を遅らせて、ガムシャラSexy夏祭りが終わった次の日にやることになった。しかし仕事で行けない日だった…(´;ω;`)
でもいつか必ずまた会いに行く!何があっても勝利くんを信じる。と、新しい決意と共に素晴らしいステージに胸いっぱいでEXシアターを後にした。

【おまけ】
[7/29勝利ソロ]セットリスト
1BLACK WHITE
2イフワナ
3ゴースト
4YOUNG and beautiful!
5キミキミ
6キミのためボクがいる
7おなじ空の下
8ハチドリ
9絆
10愛は味方さ
11アマイ
12サマヌー
13私のオキテ
14SHAKE
15夏の王様
16みんなでわーっはっは!
17take me higher
18青いイナズマ
19好きになってく愛してく
20ハピラキ
21Where my heart belongs
22Be Free
23Sexy Zone
24エビバデ
25ええじゃないか
26好きやねん、大阪。
27ザエビ
28夢物語
29UMP
30NYC
31希望~Yell
32硝子の少年
33Love you only
34リアフェ
35A・RA・SHI
36MFTP(松松)
37世界に一つだけの花(神宮寺岸)
38男ネバギバ
39レディダイ~リアセク~セクサマ~K&Q&J
40僕は君のすべてになりたい

アンコ
完全マイウェイ
スキすぎて

2部のみWアンコ
私のオキテ

2014年7月 セク鬱のはじまり

7/15の新曲発表会で新体制を発表され、7/23のサマーコンサートでは3人のSexy Zoneを見せつけられ、仕事もつらいし、メンタルはぼろぼろだった。笑
新体制については何万人ものファンが悲しんだと思うけど、Sexy Zoneのどこがすきでなぜ3人体制じゃ嫌なのかは、一人ひとり違った。
だからファン一人ひとりが、これからもSexy Zoneのことを応援するのか、しないのか、するならどのように応援するのか、それぞれ悩みを抱えることになった。

私は、もし事務所の言うように「これからは3人を中心に+Jr.でいきます!」と言われてもSexy Zoneの言うように「基本は5人だけど、今回だけ3人でいきます!」と言われても、事務所とSexy Zoneの方針が同じで、「この形で全力でがんばるので、僕たちを信じてついてきてください!」って言われたらわりとすんなりと信じてついていったかもしれない。
しかし現実は事務所とSexy Zoneで食い違っているように思えた。
勝利くんは2016年の今、Sexy Zoneはずっと5人だった、誤解されてたのは分かってた、と言ってくれるけど、2014年の私たちには、Sexy Zoneは事務所に騙されていて、事務所は3人とJr.をセットで売りたいのだという風にしか見えなかった。

また、3人を苦しめたのは新体制ではなく、それによるファンからの反発だったと思う。
私たちが苦しめているということも辛かった。
ただ、5人がそれで幸せ、楽しい!と思って、ファンも新体制がこれはこれで楽しいと思えるものなら認めても良いと思っていた。
でもさいたまのコンサートは勝利くんの笑顔が見れず、楽しいと思えなかった。
私はただ勝利くんに楽しく働いてほしいだけで、その先でもっと大きなお仕事に繋がったら最高だけど、大きなお仕事をとるために辛い想いをしながら働いてほしいなんて思ってない。
勝利くんが踊って、かわいい、楽しい!と思えたらそれで十分だった。
勝利くんが楽しくない、つらい。と思うなら、それでもがんばれなんて言えない。

でも何もわからないから、どうしたら良いかわからず路頭に迷ってしまった。
さいたまのコンサートでは勝利くんがどう思ってるのかよくわからなかった。勝利くんはどうしたいのか、それがわからないと、私はどうしたらいいかわからなかった。

だから、勝利くんの思いつめたような表情がずっと続くなら見ていられないから、もう好きなのやめよう。と決めた。
7/29にある勝利くんのソロコンサートが私にとって最後のコンサートになる…
そんな想いで7/29を迎えた。

2014年7月23日 新しい可能性とは?@Sexy Zone Summer Concert

前編↓

短いMCでは3人から、夏休み中にイベントやりたいね、ていうかやるよ!みたいな告知をされた。2部で。1部では言ってなかったけどさっき決まったのかな?もう7月も下旬だけど来月なんかやるの??すごい急だけど…と思った。勝利くんが好きでも3人のイベントは素直に行きたいと思えないなかった(どうせ行くけど)
健人くんが「僕たちは嘘をつきません、約束はちゃんと守ります。」と言ってくれたけど、実際には何もなく夏が終わり、この約束は破られることになった。
MC中に「今度発売の新曲は3人で…」とか言うと会場がざわざわした。みんな不安で、楽しいはずのコンサートなのに緊迫した雰囲気だった。

3部の最後には健人くんが
「みなさまにご報告があります!」
と言って
私たちファン一同は
まだ何か悪いことが…!?
と死を覚悟した。
冷え切った会場が凍りついた瞬間だった。
が、
さいたまスーパーアリーナで1日の観客動員数75000人!最多記録を更新しました〜!!」
と言われ安心…笑

3部だけ5人で肩を組んで「うぃー、あー?」「せく、しー、ぞーん!」をした(´;ω;`)♡

風磨くんは去り際に
「これから大変なこと、辛いこと、苦しいこと、悲しいことがあっても今日という日のことを絶対に忘れるな!
どんな時でも、お前らの中で、俺たちはBGMであり続けるから」
みたいなことを言っててちょっと「?」だった。
できれば忘れたい思い出だよ…ごめんね…

私の好きな勝利くんはというと、かっこよかった(´;ω;`)←
この日の勝利くんはあまり笑顔が見られなかったけど、それが逆にかっこよかった。
3公演通して真剣な表情が多く見られ、いつもより大人に見えた。こんな大人っぽかったっけ…?と思ってあいちゃんに「勝利くんすごくかっこよくなかった?」と聞くと「うん…あれはだね」と言われた…やっぱりそうだよね…あぁ…終わった…とか思った。笑
去年よりだいぶファン増えてる感じするしリア恋枠が掴めてるんだろうな…かっこいいもん…と絶望した…

それはさておき、今できることを一生懸命やってくれてるんだろうな、と思った。
しゃべれなくても、今できる限りの精一杯、ファンのためにがんばってるのはわかった。
大好きなSexy Zoneをめちゃくちゃにされた・終わった、と私は勝手に思ったけど、勝利くん達は全然そんな風に思っていなくて、これからの未来を信じてがんばっていた。
でも私はそれも「Sexy Zoneは事務所に騙されてる」と思った。事務所の意向とSexy Zoneが言ってることが違うなと思ったから。
私はSexy Zoneのことを絶対売れるグループだって信じてるのに、事務所はそうは思ってないんじゃないかと思えた。
3人は何も悪くないのにこの売り方は反対が強く、矢面に立つのは当然3人だったことも私は悲しかった。
新しい可能性のために3人体制になったはずなのに、明るい未来につながる新しい可能性が、私には見えなかった。

このコンサートが終わったあと、大好きなSexy Zoneが堂々と大好きと言えなくてつらい、応援しても未来が見えない、事務所の思うツボにはまりたくない…そんな気持ちがぐるぐるし、Sexy Zoneや勝利くんのことが好きかどうかよくわからなくなった。Sexy Zoneの未来を、諦めたくないけど諦めるしかない、そんな心境だった。

それは私だけではなく、この新体制騒動によってSexy Zoneの担当を降りた人・ジャニオタを辞めた人は続出した。

これまで一緒にSexy Zoneを応援してきたあいちゃんもその内の1人であり、あいちゃんにとってはこのコンサートがSexy Zone最後のコンサートとなった。

私なんかよりずっと前からSexy Zoneが好きで支えてきた人たちが、自分の都合ではなく事務所のやり方と合わないために去っていくのはとても悲しかった。